社歴

会社案内 社長挨拶 社歴・ISO
1984年 4月 神奈川県横浜市に、金・銀の水溶性防錆剤開発目的で会社設立
10月 金めっき 水溶性防錆剤を市場に供給開始する
1986年 6月 銀 水溶性防錆剤を市場に供給開始する
1988年 4月 水溶性潤滑剤を市場に供給開始する
1998年 7月 神奈川県より「中小企業創造活動促進法」の認定を受ける
1999年 3月 事業拡張の為、工場及び営業部門を神奈川県大和市代官に移転する
神奈川県より「中小企業創造活動促進法」の再認定を受ける
2001年 8月 中小企業金融公庫より「成長新事業育成審議会」の認定を受ける
2003年 2月 神奈川県より「中小企業経営革新計画」の承認を受ける
2005年 12月 ISO14001:2004認定取得
2008年 1月 神奈川県より「中小企業経営革新計画」の承認を受ける
横浜市より「横浜価値組企業」の認定を受ける
2009年 4月 創業25周年を迎える
11月 事業拡張の為、工場及び営業部門を神奈川県相模原市南区大野台に移転する
2011年 12月 ISO9001:2008認定取得
2014年 4月 ISO9001:創業30周年を迎える

 

ISO14001環境方針

基本理念

有限会社ケミカル電子は、環境問題の重要性を認識し、事業活動を通じて環境負荷の少ない表面処理薬品等の製品(以下、製品)を開発から販売まで一貫して行い、すべての顧客、同時に社会にも共感を得られるよう、ISO14001の理念に準拠した環境マネジメントシステムを文書化し、実行し、維持する。当社は、化学薬品の安全衛生対策、製品含有化学物質管理を徹底する。

行動指針

  • 製品の開発及び製造においては、技術的・経済的範囲内で環境への影響を低減するための継続的改善及び汚染の予防に努める。
  • 環境保全に関する法規制、協定及び当社が同意したその他の要求事項を遵守し、環境汚染の防止を図る。
  • 省資源、省エネルギー、廃棄物の削減をすべての生産活動で実施する。
  • 当社は、環境マネジメントシステムを実行するに当たり目的及び目標を設定する。また、目的及び目標を見直す枠組みを設ける。
  • この環境方針は、社員に周知徹底する。また、ホームページ上で公開すると共に、文章でも公表する。

2016年2月1日
有限会社ケミカル電子
代表取締役 日向 敏夫

PDFファイル >日本語版 >英語版 (comming soon)

 

ISO9001品質方針

基本理念

有限会社ケミカル電子は、環境負荷の少ない表面処理薬品等の製品を顧客に提供する。また当社が規定した法規制、顧客要求等を遵守し、顧客満足と信頼を得るため、ISO9001の理念に準拠した品質マネジメントシステムを構築する。

当社は、品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善すると同時に、品質を維持するために、品質目標を設定し、レビューする。
この品質方針及び品質目標は、社員全員に周知徹底する。また、適切性を持続し、レビューする。

品質目標 2016年度(第33期) 全社目標

① 化学物質の管理を徹底する

月次単位で入庫した原料、試薬等の棚卸を実施し、管理を徹底する。
入出庫管理帳(出納帳等)を作成する。

② 顧客目線で考える

お客様に対して、より安心してご使用いただけるよう、各部署で1件以上検討し、提案する。

2016年2月1日
有限会社ケミカル電子
代表取締役 日向 敏夫

PDFファイル >日本語版 >英語版 (comming soon)

会社案内 社長挨拶 社歴・ISO
© 2012 Chemical Denshi Co., Ltd. All Rights Reserved.